私たちは100%リサイクルに努力しています


令 和 3 年 度 事 業 計 画 (案) 


  新型コロナウィルスの拡大により、建設投資への不透明さや建設資材価格の変動等による
工事への影響が懸念されるとこであり、
品質確保に関する法律の適正なな運用および工事の計画的執行等の
課題に対して、関係機関との連携を強化し情勢変化に
対応するよう取り組むこととする。
  また、舗装技術の向上に努めるとともに、公益事業の推進を図ることとする。

 1 重点目標
  (1) 舗装事業予算の確保や工事施工管理について関係機関への要望や意見交換を実施

  (2) 建設副産物有効利用の推進

  (3) 舗装技術の向上

  (4) 安全の確保と対策強化

  (5) 委員会活動の推進
  
  (6)公益事業の推進


 2 事 業
  (1) 舗装工事の予算確保や計画的な執行等について、関係機関へ要望を実施

  (2) 公益事業の実施
   イ 道路美化運動の実施 (県内3地区)
   ロ 「花の道」の花植え (春、夏、秋)

  (3) 建設副産物再利用推進に鑑み、日々の建設廃材受入れ量や再生骨材の在庫量をホームページに
   情報提供


 3 委員会活動
  (1) 総務委員会
   イ 機関誌「道しるべ」の発刊(2回)
   ロ 「花の道」の花植え(春、夏、秋)
   ハ 道路美化運動の実施(金沢地区、小松地区、輪島地区)
   ニ 体育事業の実施 (ボウリング大会)
   ホ 新睦事業の実施(ゴルフ大会)

  (2) 技術委員会
   イ 技術力向上に関する研修会の開催
   ロ 関係機関への要望活動
   ハ 舗装工事に関する意見交換会の開催
   ニ 舗装工事等のPR活動の実施

  (3) 安全委員会
   イ 工事現場安全パトロ−ルの実施
   ロ 工事現場の安全研修の実施
   ハ ほそうセーフティ・ドライブコンテストの実施


 

石川県アスファルト混合物試験所
 安定した品質のアスファルト混合物供給のため、化学的、物理的試験を公平かつ中立的に実施
 
  (1) アスファルト混合物に関する試験、道路資材に関する試験の受託
 
  (2) アスファルト混合物に関する研修の実施、参画
  
  (3) アスファルト混合物製造や、道路廃材に関する情報収集

トップへ  令和3年度収支予算書


CBR試験は石川県アスファルト混合物試験所へ!